クリニックからのお知らせ

2022年4月3日

ミルクティーを使った膵臓超音波検査(エコー)のご案内
ミルクティーを使った膵臓エコーのご案内

   現在、日本のがん死の原因のうち膵がんが7%を占めています。膵がんは通常の健康診断や人間ドックで発見することは難しいとされ、かなり進行してしまわないと症状を自覚しないため、発見が遅くなる場合が多いです。
膵がんで困らないためには、膵がん発見に適した検査を受けて早い時期に見つけることが必要です。
当院の膵臓エコーは、膵臓に特化した超音波検査を超音波専門医が行います。
通常の超音波検査で膵臓全体を観察するのが難しい場合がありますが、当院では膵臓観察時に約60°の半座位を取れる座椅子にもたれ、詳しく観察します。
絶食のうえ、ミルクティーまたはお茶を約350ml摂取して頂き、 胃内に液体を充満させて観察を行います。胃を液体で充満させることで膵臓を観察しやすくなり、出来るだけ見落としの少ない膵臓観察を心がけています。

膵臓エコーをおすすめする方

   膵臓がんの危険因子や,膵臓がんを疑う症状には次のようなものがあります。これらのうち一つでも当てはまる方は、膵臓エコーを受けることをお勧めいたします。

◆血縁者に膵臓がんにかかった人がいる方
◆慢性膵炎や急性膵炎にかかったことがある方
◆膵臓にのう胞があると言われたことがある方
◆糖尿病の方(特に初めて診断された方や糖尿病が急に悪くなった方)
◆腫瘍マーカー(CEAやCA19-9など)が高い
◆膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ)が高い
◆喫煙をする方
◆お酒を多く飲む方
◆肥満の方
◆特に理由がないのに体重が減る方
◆上腹部や背中の痛み・不快感が続くが胃カメラでは異常が無い方

膵臓エコーの費用は
保険適応の場合 3割負担 約1700円
(検診目的の場合の料金は別途お問い合わせ下さい)

ご予約はふじもとクリニック
電話 072−737−7186までお尋ね下さい

ページトップへ戻る